プルエストの副作用は?安全性と全成分効果を徹底調査しました!

 

この記事ではプルエストの副作用について紹介しています。

 

敏感肌の私が、プルエストの安全性について詳しく調べてみたところ、プルエストは非常に危険性の低い洗顔ジェルだとわかりました!

 

プルエストの成分名や安全性を詳しく知りたい人はこの記事を、プルエストが安全なのか単純に気になっていただけという人は公式サイトを確認してみて下さいね。

 

 

成分名 安全性 効果
生物にとってなくてはならない存在です。生命活動の維持に必要です。
DPG 水分量をアップさせることで保湿効果が得られます。また、肌のバリア機能を改善させます。
グリセリン 保湿成分として多くの化粧品に配合されています。
BG 保湿効果と防腐効果の両面で役立ちます。
ココアンホジ酢酸2Na イミゾリニウム系の両面界面活性剤ですが、眼に入っても痛くないことで知られています。
グルコマンナン こんにゃくに由来する成分で、浮いてきた汚れを吸着して落とします。
カラギーナン 増粘剤として使用されています。
サピンヅストリホリアツス果実エキス ソープナッツツリーの果実エキスであり、洗浄成分として使用されています。
カミツレ花エキス 抗炎症作用や抗菌効果、血行促進効果等が得られます。
トウキンセンカ花エキス 抗炎症作用があります。
フユボダイジュ花エキス 炎症を抑える効果が得られます。
ヤグルマギク花エキス 抗炎症効果や収れん効果があります。
ローマカミツレ花エキス 炎症を抑える効果が非常に高く、また、皮膚の代謝を促進させます。
ゴボウ根エキス 保湿効果や血行促進効果があります。
レモン果実エキス 収れん作用や保湿効果があります。
ホップ花エキス 抗菌・抗炎症効果があります。
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス 抗炎症効果や日焼け予防効果があります。また、出来てしまった傷が治るのをサポートしてくれます。
セージ葉エキス 抗炎症作用、抗菌作用や抗酸化作用があります。
サボンソウ葉エキス 洗浄作用や乳化作用があります。
ココアンホ酢酸Na 起泡効果や洗浄効果があります。
ラウリルスルホ酢酸Na 界面活性剤として使用されています。

 

 

安全性:当サイトの基準で記載

 

プルエストに含まれている成分の効果とその安全性を一覧でまとめました。

 

表を見れば分かる通り、プルエスト(PULUEST)には危険性の高い成分は使われていません!

 

オイル・鉱物油・アルコール・防腐剤・酸化防止剤・パラベン・フェノキシエタノール・着色料・香料・石油系界面活性剤・シリコン・合成ポリマー・アクリル系増粘剤・旧指定成分・紫外線吸収剤などの肌に負担がかかる成分は無添加!

 

プルエストマンナンジェリーハイドロウォッシュは第三者機関によるアレルギーテストもクリアしており、非常に安全性の高い洗顔ジェルだと言っても間違いないでしょう。

 

さらに、プルエストは国内のGMP認定工場で医薬品と同等の品質管理のもと製造されているため、これ以上無いほど品質の高い商品だと言えます。

 

実際、敏感肌で肌の弱い私でも、全く問題なくプルエストを使うことが出来ました。

 

安全性の高い洗顔料を探している人は、ぜひPULUESTを使ってみて下さいね!